【中学受験】ゴールデンウィークにやるべきこと!(日能研・小5)

中学受験

こんにちは、中学受験ブログを運営しているポチ(@pochi2023)です。

今回は「GWにやるべきこと(小5)」をご紹介したいと思います。

我が家では、2月に日能研に入塾して以降、毎週のようにテストに追われる日々が続いていました。

この休みを利用して、学習計画の調整なども検討しようと考えています。

ポチ
ポチ

ゴールデンウィークが終わると、夏休みまでは長期のお休みはありません。

長男(小5)
長男(小5)

だから、ゴールデンウィークの過ごし方は大切だと言われるんだね。

過去のブログや塾のホームページなどを参考に、ゴールデンウィークの計画を立ててみました。

  • ゴールデンウィークは何をする?
  • 休みの過ごし方がわからない

などの疑問の参考になれば嬉しいです。

それでは、具体的にご紹介していきましょう!

1.「テスト直し」を徹底!

解き直しノート

まずゴールデンウィークにやるべきことは「これまでに受けたテストの復習」です。

日能研では2週間に1度「育成テスト」がありますし、全国模試もたびたび行われています。

あまりにも頻度が多いため、少し見直しただけで保管しているテスト問題もあります。

そこで我が家では、今回のゴールデンウィークを利用して、過去問題を徹底復習することにしました。

毎回のテスト後に「解き直しノート」を作っているので活用します。

このノートについては、過去の記事に詳細をまとめてますので、参考にしてみてください!

やったことは覚えてるんだけど、解き方を忘れた!

2ヶ月前のテストになると、少し忘れかけている問題もあります。

このタイミングで復習を徹底しておくことで、休み明けの授業にしっかりついていくことができると思います。

まずは「復習を徹底すること」を優先してスケジュールを組みたいと思います!

2.「漢字」を徹底的に練習!

漢字ノート

続いては「漢字」の徹底についてです。

日能研に入塾して初めて、提出が義務付けられた宿題が出ました。

それが「これまでに習った漢字を復習すること」です。

漢字が小冊子にまとめられていて、記入と丸つけまで自分でやることになっています。

我が家でも、テストでの漢字のミスが気になっていました。せっかく理解していても、漢字を間違って失点するのは悲しいですよね。

特に中学受験の漢字は、厳しく採点されます。

「止め、ハネ、はらい」がしっかりできてないと、容赦なくバツにされています。

漢字は時間をかけて丁寧に学習することが大切ですね。

また漢字が大切な理由がもう一つあります。

※「社会」も漢字が重要

社会科の漢字

漢字が大切なのは「国語」だけではありません。

「社会」でも、難しい漢字を書く能力が要求されます。

日能研のテストでは「ひらがな」でも丸がもらえます。

しかし実際の入試では、漢字で書くことが求められると聞いています。

なので我が家では、社会のテストも「漢字で書く」ことをルール化しています。

以前は、点数が欲しいため「ひらがな」もOKにしていました。

しかし他塾のテストをリサーチしたところ、SAPIXのテストでは「漢字で書くことが条件」だと書かれたブログがありました。

ポチ
ポチ

SAPIXのテストは漢字で書かないとバツになるらしいけど、どうする?

じゃあ僕も社会も漢字で書くことにする。ひらがなは書かないよ。

ということで、我が家は社会の「ひらがな答案」を禁止。社会も漢字の勉強を徹底するようになりました。

入試で漢字が必要なら、今のうちから勉強しておいた方がいいですからね。

漢字の学習については、下記の記事でも詳しく紹介しています。よかったら参考にしてみて下さい。

3.「計算練習」は日課にする!

計算の工夫の紙

我が家の課題は「算数」で、テストによって好不調の波があります。

まずは基礎力を高めるために、計算練習を徹底したいと考えています。

計算の練習は「筋力トレーニング」に似ています。

練習をサボると、あっという間に能力が落ちるのです。

ゴールデンウィーク中も、朝は計算練習からスタートする予定です。

夜の寝る前にやろうとした時もあったのですが、ケアレスミスが頻発して練習になりませんでした。

また計算も閃く力が求められます。我が家は朝型なので、朝は計算練習、夜は理科や社会の記憶問題というスケジュールを組み立てました。

子どもの性格(朝型・夜型)などによって、日程を考えることが大切ですね。

我が家は「でる順過去問 計算」を使って計算練習をしています。

実際に受験に出た問題ばかりなので難易度も高く、いいトレーニングになっています。

ポチ
ポチ

計算ミスを防ぐコツをまとめた記事もあるので、算数が苦手なお子さんは参考にしていただければと思います!

4.「学習スケジュール」を見直す!

スケジュール表

ゴールデンウィークにやるべきことで最も大切なのは「学習スケジュールの見直し」です。

塾での新学年カリキュラムがスタートして約3ヶ月が経過しました。

各ご家庭でも手探りでスケジュールを作って、週末のテストに向けて学習していると思います。

我が家ではゴールデンウィークを利用して、「学習スケジュールが効果的か」「もっといいスケジュールがないか」を検討したいと考えています。

その際のポイントを下記にまとめてみました。

学習スケジュールを見直すコツ

  • 復習のタイミングが遅すぎない?
  • 4教科のバランスがいい?
  • 漢字・計算の分量は足りている?

最も重要なのは、復習するタイミングだと思います

基本的には授業の翌日、テストの翌日には復習に取り掛かれるスケジュールを組むようにしています。

これは漫画「ドラゴン桜」でも紹介されていたのですが、人間はどんどん忘れていきます。

授業やテストの記憶がはっきりしているうちに復習しなければ、効果が半減するのです。

ポチ
ポチ

テスト勉強よりも、むしろ復習の方が大切だと考えています。ゴールデンウィークは復習をするのに最適な期間ですね。

そのほか4教科のバランスや「漢字と計算」の練習の分量などを考えながら、ゴールデンウィーク後の計画を練っていきます。

大切なのは、子どもとのコミュニケーションですね。

いくら理想を追い求めても、やるのは子ども自身です。

ポチ
ポチ

子どもの考えを優先させながら、スケジュールを修正していきましょう!我が家のスケジュールは下記の記事でもご紹介しています。

5.しっかり遊ぶ日を作る!

逗子の風景

5年生は、ゴールデンウィークを楽しめる最後の学年とも言われています。

6年生になると受験本番が迫ってくるので、ゆっくり遊ぶ気分にはならないからです。

だからこそ5年生のうちは、しっかりと遊ぶ日を作りたいですね。

我が家は登山に1日、そして海水浴に1日と合計2日間を費やす予定です。

コロナ禍なので家の近くで過ごすだけなのですが、この2日間は勉強はお休みです。

休みがあると思うと勉強のモチベーションになるよ!

ポチ
ポチ

受験勉強には体力も必要だからね。体を動かすことは忘れないようにしよう!あとは読書などに時間を使うのもいいと思います。

中学受験の成績を向上させるために「読書」は欠かせません。

我が家では「Kindle Unlimited」に加入していて、家族で読書を楽しんでいます。

月額980円で、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

スマホやタブレットがあればどこでも読むことができるし、子供向けの本も充実しています。

興味のある方は、30日間の無料体験がオススメです

まとめ

ここまで、小学5年生のゴールデンウィークの過ごし方をご紹介してきました。

大切なのは、休日をうまく活用できるかを見極めることだと思います。

日能研からはすでに夏期講習の案内が来ているので、夏休みのスケジュールについても検討を始めています。

ゴールデンウィークは、夏休みの予行練習にもなります!

しっかりと計画を立てて、勉強と遊びが両立できるようにサポートしたいですね。

夏期講習については、こちらの記事にもまとめてますので参考にしてみてください。

最後に知育教材のご紹介です!

我が家では小学校入学から「日能研」に入塾するまで、家庭学習では「進研ゼミ」を活用してきました。

タブレット教材にハマってくれたおかげで、学習そのものへの苦手意識がなくなったと思います。

何より「自分で考える」ということ自体を楽しむようになってくれました。

こちらも興味があれば、無料請求がオススメです✨

ポチ
ポチ

今回も読んでいただいて、ありがとうございました。今後も中学受験に役立つ情報を発信していきます。少しでも参考になれば嬉しいです!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました