【中学受験】志望校選択にオススメの「学校案内本」(2022年度用・最新版)

中学受験

こんにちは、中学受験ブログを運営しているポチ(@pochi2023)です。

本題に入る前に、少しお知らせです。

200万冊以上の電子書籍が読み放題になるAmazonの定額サービス「Kindle Unlimited」。

スマホやタブレットがあればどこでも読むことができ、中学受験に役立つ本も充実しています。

ポチ
ポチ

現在、「Kindle Unlimited」でお得なキャンペーンが開催中です!

  • 30日間無料キャンペーン:30日間無料
  • ブラックフライデーキャンペーン:3か月2940円→99円

なんと3ヶ月2940円→99円と、2850円ほどもお得になります!

しかも、いつでも解約OK!途中で解約しても最後まで利用できます。

月末から始まるブラックフライデーのキャンペーンとのこと。

興味のある方は、ぜひトップページから確認してみてください。

では、ここからが本題に入っていきます。

今回のテーマは「志望校選択にオススメの本」です。

中学受験において、志望校を選ぶのはとても大切なこと。

コロナ禍で説明会や文化祭など、直接訪れる機会も減っています。

そこで役立つのが「学校案内の本」。

ポチ
ポチ

いろんな塾や出版社が出しています。それぞれの特徴をご紹介していきたいと思います!

長男(小5)
長男(小5)

学校の情報が盛り沢山で、読むと楽しいですよ!

  • 志望校を選ぶのにオススメの本は?
  • どんな学校があるのか知りたい
  • 学校案内の本が多すぎて選べない

などでお悩みの方の参考になれば幸いです。

それでは具体的にご紹介していきましょう!

1.声の教育社「中学受験案内」

まず初めは、声の教育社「中学受験案内」です。

過去問題集を出版している「声の教育社」の学校案内本。

こちらが口コミでは最も評判がよく、我が家もこちらを購入しました。

塾が出版している案内本と違って、それぞれの塾のデータを活用しているのがメリットです。

授業の内容はもちろん、部活や行事など6年間の学校生活が網羅されています。

中でも「お弁当の情報」や「食堂について」など親が本当に知りたい詳細までカバーされています。

ポチ
ポチ

大手塾の模試の偏差値データも比較されていて、この1冊があれば安心という充実した内容です。

2.日能研「学校案内」

続いては、日能研「学校案内(首都圏・その他東日本版)」です。

首都圏・その他東日本の私立・国立大学附属校・公立中高一貫校などのデータが掲載されています。

その数、約500校。

校風や歴史、宗教や生徒数、環境・施設、カリキュラムなどがアイコンとともに詳細に紹介。

さらには日能研の豊富なデータから割り出したR4偏差値3年間推移、大学合格実績3年間推移なども充実。

大学付属校の内部推薦進学率、特待生制度がある学校など、日能研ならではの学校別データも満載です

付属として「首都圏私立・国立・公立331校の『学校歩きマップ』」がついてきます。

このマップも説明会の時などに役立ちます!

主に首都圏・東日本の学校案内ですので、購入時に間違えないようにお気をつけください!

ポチ
ポチ

日能研は「東海版」の学校案内も出版しています!

3.SAPIX「中学受験ガイド」

続いては、難関校の進学実績に定評があるSAPIXの「中学受験ガイド」です。

首都圏、関西を中心に、全国の主要校295校の学校情報が掲載されています。

教育内容のほか、マネーガイド、進路実績など、志望校選びに役立つ詳細なデータが満載。

また、最難関中学に合格した卒業生を訪問して受験の様子を取材した「わが家の受験・合格体験記」も読み応えがあります。

またSAPIX小学部による、来年度の動向や効果的な学習方法の紹介ページも充実。

難関中学の受験を検討している方は、ぜひ一読しておきたい内容ですね。

ポチ
ポチ

SAPIX小学部オリジナルの偏差値一覧もついています!

4.四谷大塚「中学入試案内」

続いては、四谷大塚の「中学入試案内」です。

四谷大塚の豊富なデータをもとにした情報が掲載されている本です。

合不合判定テスト」の結果データが掲載され、合格ラインの判断に役立つ情報が満載。

そのほか、受験の併願パターンや出題傾向など、大手塾が緻密に分析した内容が充実しています。

一度にたくさんの学校情報がみられるので分かりやすいです。

こちらも合格者のインタビューなどが掲載されていて、学習方法などの参考になります。

ポチ
ポチ

低学年の頃に「どんな学校があるのかな?」と検討するのにぴったりです!

5.旺文社「中学受験案内」

続いては旺文社「中学受験案内」です。

こちらも塾ではなく、出版社が出している学校案内です。

そのため内容的には「声の教育社」の本に近いかもしれません。

下記の情報が掲載された「スクール情報早見表」が充実しています。

◎制服コレクション
◎学寮のある中学校
◎転入、帰国生受け入れのある中学校
◎生徒使用のPC・タブレット活用状況
◎大学合格実績
◎中学校案内地図

6.大阪進研「中学受験ガイドブック(関西版)」

最後に関西版の学校案内本を紹介しておきます。

大阪進研「中学受験ガイドブック(関西版)」です。

関西(2府4県)にある私立・国公立中学校について各校の特色、入試状況などを紹介されています。

合格の目安がわかる入試難易度グラフ、制服イラストなど盛りだくさんの内容で、合格体験記などの解説も充実。

これまでに紹介してきた大手塾の学校案内にも関西の情報はありますが、より詳細を知りたい場合はこちらがオススメです!

まとめ

ここまで、中学受験の志望校を選ぶ際に役立つ「学校案内本」を紹介してきました。

改めて、主要な本のリストを掲載しておきます。

どの本も厚さ3センチほどと、ボリューム満点の内容です。

夏休みなどを利用して、お子さんと一緒に志望校選びをしてみるのもオススメ。

ポチ
ポチ

それぞれの塾の特徴もありますので、購入時の参考になれば幸いです。

最後になりますが、中学受験の成績を向上させるために「読書」は欠かせません。

我が家では「Kindle Unlimited」に加入していて、家族で読書を楽しんでいます。

月額980円で、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

スマホやタブレットがあればどこでも読むことができるし、中学受験向けの本も充実しています。

ポチ
ポチ

今なら、この「Kindle Unlimited」でお得なキャンペーンが開催中です!

  • 30日間無料キャンペーン:30日間無料
  • ブラックフライデーキャンペーン:3か月2940円→99円

なんと3ヶ月2940円→99円と、2850円ほどもお得になります!

しかも、いつでも解約OK!途中で解約しても最後まで利用できます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。今後も役立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました