【中学受験】算数の強化にオススメ!「コベツバ」の活用方法は?

塾・SAPIX

こんにちは、中学受験ブログを運営しているポチ(@pochi2023)です。

本題に入る前に、少しお知らせです。

200万冊以上の電子書籍が読み放題になるAmazonの定額サービス「Kindle Unlimited」。

スマホやタブレットがあればどこでも読むことができ、中学受験に役立つ本も充実しています。

ポチ
ポチ

今なら、この「Kindle Unlimited」でお得なキャンペーンが開催中です!

  • 30日間無料キャンペーン:30日間無料
  • 2ヶ月キャンペーンプラン:2か月1960円→99円

なんと2ヶ月1960円→99円と、大幅な割引価格で楽しめます!

しかも、いつでも解約OK!途中で解約しても最後まで利用できます。

では、ここからが本題に入っていきます。

今回のテーマは、我が家が重宝している「コベツバ」についてです。

これは、算数に特化したオンライン型の指導教材です。

SAPIXの教材の解説などもあるので、途中から転塾した我が家にとっては大助かり!

最近、算数の成績が上がり始めたのは、「コベツバ」のおかげと言っても過言ではありません。

基本料金や教材の種類など、いくつか選択肢があるので、まとめてみたいと思います。

ポチ
ポチ

実際に使ってみた感想も交えながら、ご紹介していきます!

長男(小6)
長男(小6)

コベツバは難しいけど、楽しいのでオススメです!

  • コベツバにはどんな種類があるの?
  • コベツバの料金は?
  • コベツバはどんな人にオススメ?

など、コベツバについての疑問が解決できれば幸いです。

では、具体的にご紹介していきましょう!

1.コベツバとはどんなサービス?

コベツバの代表は、村中毎悟克さん。

元々は関西の有名進学塾「浜学園」の算数講師で灘中コースの担当だったそうです。

2018年から「コベツバ」を立ち上げ、サピックスのテキスト解説などで話題に。

現在4期目を迎えていて、サピックスのほか予習シリーズなどにも対応。

動画解説の歯切れがよく、聞いていても説得力があります。

自宅にいながら、このレベルの解説が聞けるのは嬉しいですね。

「コベツバ」は大きく分けると、下記の4つのサービスがあります。

  1. StandBy
  2. コベツバweb授業
  3. TopGun特訓
  4. 過去問動画解説

我が家は、StandByとコベツバweb授業を利用してます!

ポチ
ポチ

それぞれの内容や料金をご紹介していきます!

2.StandByとは?

まずは「StandBy」についてご紹介します。

こちらは「サピックスのテキスト」と「予習シリーズ」の解説が中心のサービスです。

我が家では「サピックス」のテキスト解説を利用しています。

料金は学年ごとに違っていて、下記のようになっています。(2022年6月現在)

6年生月額 7000円(税込)
5年生月額 6000円(税込)
4年生月額 5000円(税込)

こちらは平常授業で配られるテキストの問題を全て動画で解説してくれています。

重要度も示されているので、復習の時にかなり役立ちます。

また類題も用意されているので、間違った問題は類題を解いて仕上げることができます。

このほか、季節講習のテキスト解説や基礎力トレーニング、分野別補充プリントの解説もあります。

あとは、テスト対策として「模擬テスト」も用意されているので、テスト前に大活躍。

我が家は6年からの転塾なので、「コベツバ」がなければ授業についていくのも難しかったと思います。

「StandBy」について

ポチ
ポチ

基礎トレの解説もすごく助かっています!

3.コベツバweb授業とは?

続いては「コベツバweb授業」についてご紹介します。

こちらは「コベツバ」のオリジナルの動画教材で、分野別に授業形式の動画を見ることができます。

このサービスは無料プランでも利用できますが、月額2300円で動画が見放題になります。

我が家は、このサービスもプレミアムプランで利用しています。

レベルが基礎・標準・応用と分かれていて、学年ごとに利用できるようになっています。

学習分野としては、下記のように分かれています。

分野回数
数の性質3回
規則性2回
文章題(割合なし)2回
平面図形(割合なし)2回
文章題(割合あり)3回
平面図形(割合あり)2回
速さ2回
水問題・水グラフ1回
点の移動・図形の移動1回
立体図形2回
場合の数2回

毎週、確認テストが行われているので、それを提出することにしています。

もちろん苦手な分野だけ取り組むのもありですね。

成績ごとに組み分けがされていて、優秀者は表彰されたりするので、それが励みになっているようです。

このほか「思考力テスト」もあり、技術だけでなく算数の力を育むプランになっています。

我が家は5年生までの学習に不安があったので、このサービスで復習をしています。

4年生や5年生でも利用している方は、先取り学習を進めているようですね。

いろんな活用方法ができるので、それでこの値段(月額2300円)はリーズナブルだと思います。

コベツバweb授業について

休日を利用して、このサービスで算数の基礎固めを頑張っています!

4.TopGun特訓とは?

続いては「TopGun特訓」についてご紹介します。

こちらは、最難関を受験する生徒に向けたサービスになっています。

我が家ではまだ利用していませんが、活用のタイミングを検討しています。

対象となるのは、最難関10校を志望している生徒とのこと。

最頻出の9分野が網羅されたカリキュラムで、1回2500円となっています。

公式ホームページには、学校ごとによく出る分野も掲載されています。

公式ホームページより

例えば、このリストを活用しながら、志望校に出る分野を中心に学ぶのがいいかもしれません。

我が家は「コベツバweb授業」で基礎が固まったら、こちらも利用したいと考えています。

TopGun特訓について

5.過去問動画解説とは?

最後は「過去問動画解説」についてご紹介したいと思います。

その名の通り、過去問の解説をしてくれるサービスです。

値段は学校によって違うのですが、大体10年分で1万円が相場となっています。

対象校:筑駒・灘・甲陽・開成・麻布・武蔵・桜蔭・女子学院・雙葉・渋幕・聖光・栄光・豊島岡・駒場東邦・早稲田・慶應普通・海城・慶應中等部・フェリス・渋渋・早実・浅野・久留米大学附設・東海・ラ・サール・広島学院・南山女子

問題の解説だけでなく、難易度や正答率も掲載されています。

参考までに値段は下記のような感じになっています。

開成・麻布・桜蔭・女子学院・駒場東邦・慶應普通(過去問13カ年)11,000円(税込)
筑駒・栄光・慶應中等部・フェリス・早実(過去問12カ年)11,000円(税込)
灘・甲陽(過去問12カ年・算数2回入試)22,000円(税込)
渋幕・聖光・豊島岡・早稲田・海城(過去問16年分)11,000円(税込)
久留米大附設・東海・ラサール・広島学院(過去問11年分)11,000円(税込)
浅野・南山女子(過去問6カ年)6,600円(税込)

このほかの学校にも対応しているので、詳細は公式ページをご確認ください。

ポチ
ポチ

過去問演習が始まったら、我が家は間違いなく活用することになると思います!

過去問動画解説について

まとめ

ここまで、算数のオンラインサービス「コベツバ」についてご紹介してきました。

算数が苦手な我が家にとっては、間違いなく支えになっているサービスです。

詳細は公式ホームページのほか「コベツバラジオ」というYotube配信もあります。

サピックスのテストの後は、問題解説も行ってくれているので、興味のある方はぜひ聞いてみて下さい。

サピックス6年の教材優先順位と1週間の学習スケジュール〜コベツバradio52回〜

引き続き、コベツバで算数の学習をがんばります!

最後になりますが、中学受験の成績を向上させるために「読書」は欠かせません。

我が家では「Kindle Unlimited」に加入していて、家族で読書を楽しんでいます。

月額980円で、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

スマホやタブレットがあればどこでも読むことができるし、中学受験向けの本も充実しています。

今なら、この「Kindle Unlimited」でお得なキャンペーンが開催中です!

  • 30日間無料キャンペーン:30日間無料
  • 2ヶ月キャンペーンプラン:2か月1960円→99円

なんと2ヶ月1960円→99円と、大幅な割引価格で楽しめます!

しかも、いつでも解約OK!途中で解約しても最後まで利用できます。

ポチ
ポチ

最後まで読んでいただきありがとうございました。今後も役立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました