【日能研】塾の個人面談!有意義な活用方法は?

塾・日能研

こんにちは、中学受験ブログを運営しているポチ(@pochi2023)です。

本題に入る前に、少しお知らせです。

200万冊以上の電子書籍が読み放題になるAmazonの定額サービス「Kindle Unlimited」。

スマホやタブレットがあればどこでも読むことができ、中学受験に役立つ本も充実しています。

ポチ
ポチ

今なら、この「Kindle Unlimited」でお得なキャンペーンが開催中です!

  • 30日間無料キャンペーン:30日間無料
  • ブラックフライデーキャンペーン:3か月2940円→99円

なんと3ヶ月2940円→99円と、2850円ほどもお得になります!

しかも、いつでも解約OK!途中で解約しても最後まで利用できます。

では、ここからが本題に入っていきます。

今回のテーマは中学受験における「塾の個人面談」についてです。

先日、我が家も小学5年後期の個人面談をしてきました。

日能研では年に数回行われますが、塾側の意見を聞くことができる重要な機会です。

ポチ
ポチ

有意義な時間にするためには、しっかりと準備をしておくことが大切!

  • 塾の個人面談は何をするの?
  • 面談前に準備することは?
  • 面談中に聞くべきことは?

など、個人面談についての疑問が解決できれば幸いです。

では、具体的にご紹介していきましょう!

1.個人面談の流れは?

日能研の個人面談は、事前に提出していたアンケートを元に進められます。

大きな流れとしては、下記のような順番で進みました。

  • 最近の成績について
  • 教科ごとの課題について
  • 志望校について
  • 志望校の出題傾向と対策
  • 1月受験について
  • 6年生の特別講座など

まず、これまでのテストの成績一覧が用意されていて、苦手分野などについて説明がありました。

例えば、国語だと「読解問題」「漢字」「語句」などの項目があり、テストの正答率が示されています。

入塾から1年経過し、塾側も息子の性格の長所や短所などを把握。

いろいろと有意義なお話を聞かせてくれました。

全体として1時間ほどの時間でしたが、現在の学習と今後の改善点についてポイントが明確になりました。

ポチ
ポチ

前回と同じ室長にお願いしました。とても信頼できると感じています。

2.面談前に準備しておくこと

続いては、今回、準備しておいて良かったことをご紹介します。

まずはアンケートをしっかり記入しておいたこと。

志望校や併願校など、迷っていることも含めて記入しておきました。

すると、塾側でも事前に調べてくれていて、不安や疑問を解消してくれました。

また、面談で聞きたいことも具体的に記しておくことが大切です。

そのためにも、事前に子どもと相談しておくといいと思います。

ポチ
ポチ

明日、塾で面談があるんだけど、何か聞きたいことはある?

長男(小5)
長男(小5)

テストの時間配分を間違えることがあるんだけど、どうすればいい?

こういう会話で質問項目をまとめておき、面談で確認するのがいいのではないでしょうか?

3.志望校について

小学5年の後期の個人面談で重要なのが「志望校について」の話です。

中学受験のリアルな情報を持っているのが大手塾のメリットだと思います。

  1. 栄光学園は記述問題が多い
  2. 浅野は受験者が多く、オーソドックスな問題が多い
  3. 逗子開成は漢字の問題が多い

など、志望校の特徴をざっくりと教えてもらいました。

教科別に特徴を伺い、息子と相性の良さそうな学校の提案してもらいました。

過去5年間の分野別の出題数がリスト化されていて、とてもわかりやすかったです。

ポチ
ポチ

苦手な分野が明確になってきたので、本人とも情報を共有していきたいと思います!

4.1月受験についての相談

面談の最後に、1月受験についての相談をしました。

塾からは、受験に慣れるということで埼玉県の「栄東」。

問題傾向に慣れるためということで、千葉県の「渋谷幕張」などの案を提示されました。

これまで漠然としか考えていなかったので、わかりやすい情報を教えて頂けました。

また、なるべく説明会に参加したり、文化祭に参加するなど「学校に触れる機会を」というお願いがありました。

モチベーションをどうやって高めていくか、そして体調管理が保護者の大きな役割とのことです。

ポチ
ポチ

チャンスを見つけて学校を訪れていきたいと思います!

5.いつでも面談は可能

次回の個人面談は来年の3月頃に行われます。

ただ、学習面で気になることがあれば、いつでも相談してくださいと仰っていました。

これまで、なかなか塾側とお話しする機会がなかったのですが、連携を深めていきたいと思います。

子どもの成長を考えると「塾と家庭」の両方の車輪で受験に挑むべきですね。

中学受験は「塾と家庭」で支えることが重要だということを再認識しました。

まとめ

ここまで、日能研の「個人面談」についてご紹介してきました。

面談を終えて、さっそく息子に情報を共有しました。

これまでのテストの成績を見せて、偏差値が上がっている一方で、苦手な分野について話をしました。

特に「漢字」の学習方法や、テストの時間配分については納得していた様子。

漢字の学習をがんばります!

最後になりますが、中学受験の成績を向上させるために「読書」は欠かせません。

我が家では「Kindle Unlimited」に加入していて、家族で読書を楽しんでいます。

月額980円で、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

スマホやタブレットがあればどこでも読むことができるし、中学受験向けの本も充実しています。

ポチ
ポチ

今なら、この「Kindle Unlimited」でお得なキャンペーンが開催中です!

  • 30日間無料キャンペーン:30日間無料
  • ブラックフライデーキャンペーン:3か月2940円→99円

なんと3ヶ月2940円→99円と、2850円ほどもお得になります!

しかも、いつでも解約OK!途中で解約しても最後まで利用できます。

ポチ
ポチ

最後まで読んでいただきありがとうございました。今後も役立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました