【日能研】保護者会「冬の学び・新学年に向けて」内容は?

塾・日能研

こんにちは、中学受験ブログを運営しているポチ(@pochi2023)です。

本題に入る前に、少しお知らせです。

200万冊以上の電子書籍が読み放題になるAmazonの定額サービス「Kindle Unlimited」。

スマホやタブレットがあればどこでも読むことができ、中学受験に役立つ本も充実しています。

ポチ
ポチ

今なら、この「Kindle Unlimited」でお得なキャンペーンが開催中です!

  • 30日間無料キャンペーン:30日間無料
  • 2ヶ月キャンペーンプラン:2か月1960円→980円

なんと2ヶ月1960円→980円と、1000円ほどもお得になります!

しかも、いつでも解約OK!途中で解約しても最後まで利用できます。

では、ここからが本題に入っていきます。

先日、日能研の保護者会がリモートで開かれました。

内容は「冬期講習と6年生に向けて」の取り組みについてです。

日能研では年に数回行われますが、塾側の意見を聞くことができる重要な機会です。

今回は室長からのお話のあと、各教科の先生から説明がありました。

ポチ
ポチ

これから冬期講習、6年生に向けた準備の大切さがわかりました!

  • 冬期講習は何をするの?
  • 6年生になるまでに準備することは?
  • 今の時期に大切な親の心得とは?

など、それぞれが抱えている疑問のヒントになれば幸いです。

では、具体的にご紹介していきましょう!

1.冬期講習に向けた親の心構え

まず最初に、室長から全体的なお話がありました。

現段階での「親の心構え」のポイントの説明です。

下記の3点が大切だとのことでした。

  • 今は難しい問題にチャレンジしている
  • 冬期講習で定着させる
  • 2月〜4月は移行期間と考えてほしい

全体的に「親があまりプレッシャーをかけないように」という話でした。

今の時期はかなり難しい問題にチャレンジしているので、すぐにできるわけではないとのこと。

冬期講習でしっかり復習するので焦らないようにと仰ってました。

あと6年生のスタートは2月からですが、授業のコマ数が一気に倍になります。

それだけでも大きな負担になるので、体調管理などをしっかりサポートして欲しいというお話もありました。

我が家では「理科と社会」を自宅学習してきたので、週4コマから12コマと3倍になります。

学習スケジュールを見直しつつ、睡眠時間の確保や体調管理などのサポートを頑張りたいと思います。

ポチ
ポチ

冬期講習のカリキュラムや、現在の学習スケジュールは下記の記事でご紹介しています!

2.教科ごとのポイントについて

続いては、各教科の担当者から説明がありました。

それぞれの教科ごとに大切なポイントをご紹介します。

国語

最初に冬期講習のテキストの説明がありました。

テキスト回数国語
第1回文章構成
第2回キーワード・キーセンテンス
第3回具体と抽象
第4回理由
第5回対照と同意
第6回表現の工夫
第7回変化ー心情・場面
第8回総合問題(1)
第9回総合問題(2)
第10回総合問題(3)

説明文や物語文、語句問題など受験で出題される全ての要素が網羅されています。

特に「漢字と言葉」は、合計200問が掲載されています。

こちらを自宅学習でしっかり定着させてほしいとのことでした。

あと「入試に出る本」を読んでしいというお願いもありました。

6年生の夏以降は、過去問演習などで忙しくなるため読書の時間はなくなるそうです。

そのため、なるべく冬休みなどを利用して読書をするようにとのことでした。

長男(小5)
長男(小5)

どんな本が入試に出ているか、下記の本を参考にしてみたいと思います!

ポチ
ポチ

最近読んだオススメの本は、下記の記事でご紹介しています!

算数

続いては算数です。

冬期講習のテキストは下記のようになっています。

テキスト回数算数
第1回場合の数(1)
第2回場合の数(2)
第3回規則性
第4回比(1)
第5回比(2)
第6回比(3)
第7回平面図形(1)
第8回平面図形(2)
第9回速さ(1)
第10回速さ(2)

小5の後期になり、つまづいている生徒が多いそうです。

特に「比」と「速さ」は大切な分野なので、わからなかったら質問をするようにとのことです。

あと単位換算は「面積」などしっかり覚えて欲しいとのことでした。

冬期講習でも復習はしていくので、焦らずにひとつひとつ学んでいくことが大切なようです。

また、計算問題は毎日取り組むようにとの話がありました。

我が家でも、計算はしっかり頑張っている部分なので、継続していきたいです。

今は毎朝「下剋上算数」に取り組んでいます!

理科

続いては理科についてご紹介します。

冬期講習のテキストの目次は下記の通りです。

テキスト回数理科
第1回地層と岩石
第2回気象
第3回天体
第4回気体・燃焼
第5回水溶液
第6回電流(1)
第7回電流(2)
第8回てこ・ばね

現在は、電流など計算が必要になる分野を学んでいます。

そのため計算力がないと、テストの時間が足りなくなるという指摘がありました。

まずは速く計算できるように演習をすることが大切とのことです。

また理科は「記述問題」が多くなる傾向だとお話がありました。

これは国語力がなければ解くことは難しいです。

つまり理科は「算数」と「国語」どちらの能力も求められるということでした。

冬期講習では復習が中心になるので、しっかり定着させたいですね。

ポチ
ポチ

理科は本人がお気に入りの「魔法ワザ」シリーズを活用していきます!

最近、理科が偏差値60を超えたのはこのテキストのおかげだと思います!

社会

最後は、社会についてご紹介します。

冬期講習のテキストの目次は下記の通りです。

テキスト回数社会
第1回古墳・飛鳥・奈良時代
第2回平安時代
第3回鎌倉時代
第4回室町時代
第5回戦国・安土桃山時代
第6回江戸時代
第7回明治時代
第8回総合問題

歴史をひととおり復習していく内容になっていますね。

年号だけを覚えるのではなく「時代の流れ」を把握することが大事だというお話がありました。

「人名=出来事=時代」をセットで覚えていくということです。

その際、「漢字を書くこと」を徹底してほしいとのことでした。

歴史は漢字の負荷がどんどん大きくなっています。

最近、我が家では「苦手な漢字プリント」を作成しました。

これまでのテストで間違った漢字を、国語も社会も10問ずつまとめています。

このプリントを毎朝取り組むことにしました。

この「苦手な漢字プリント」は、すごく便利です!

ポチ
ポチ

社会の学習方法については、下記の記事でもご紹介しています!

3.PRE合格判定テストについて

そして最後に、12月に行われる「PRE合格判定テスト」についての説明がありました。

これは志望校を登録して、合格判定をしてもらえる全国公開模試です。

いつもの教室ではなく、中学校や大学の会場でも受けることができます。

入試の緊張感を味わえるので、いい経験になりそうですね。

すでに登録が始まっているので、まだの方は確認してみてください。

また、なるべく説明会に参加したり、文化祭に参加するなど「学校に触れる機会を」というお願いがありました。

モチベーションをどうやって高めていくか、そして体調管理が保護者の大きな役割とのことです。

ポチ
ポチ

チャンスを見つけて学校を訪れていきたいと思います!

まとめ

ここまで、日能研の保護者会「冬の学び・新学年に向けて」についてご紹介してきました。

保護者会を終えて、さっそく息子に情報を共有しました。

今が大変な時期なので、なんとかサポートしながら乗り越えていきたいですね。

漢字の学習をがんばります!

最後になりますが、中学受験の成績を向上させるために「読書」は欠かせません。

我が家では「Kindle Unlimited」に加入していて、家族で読書を楽しんでいます。

月額980円で、200万冊以上のKindle電子書籍が読み放題になります。

スマホやタブレットがあればどこでも読むことができるし、中学受験向けの本も充実しています。

ポチ
ポチ

今なら、この「Kindle Unlimited」でお得なキャンペーンが開催中です!

  • 30日間無料キャンペーン:30日間無料
  • 2ヶ月キャンペーンプラン:2か月1960円→980円

なんと2ヶ月1960円→980円と、1000円ほどもお得になります!

しかも、いつでも解約OK!途中で解約しても最後まで利用できます。

ポチ
ポチ

最後まで読んでいただきありがとうございました。今後も役立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました